HOME  >  保健衛生, 福祉課  >  妊娠中の方への新型コロナウイルスワクチン接種について

妊娠中の方への新型コロナウイルスワクチン接種について

~妊娠中の方への新型コロナウイルスワクチン接種について~

妊娠中、妊娠を計画中の方でも、ワクチンを接種することができます。妊娠中の時期を問わず接種可能としています。妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、得に妊娠後期は、重症化しやすいとされています。新型コロナウイルスワクチン接種により発症、重症化を予防する効果が期待されています。ぜひ接種をご検討ください

なお、妊婦が感染する場合の約8割は、夫やパートナーからの感染と報告されています。夫やパートナーの方がワクチンを接種することで妊婦を守ることにもつながります。

R3.8.14付―妊産婦の皆さまへ―

リーフレット「新型コロナウイルス感染症対策~妊婦の方々へ~」

厚生労働省新型コロナワクチンQ&A

ワクチン接種にあたっては、事前にかかりつけの産科主治医と相談し、接種可能である事を必ず確認してください。

事前に産婦人科医と事前に相談を行っていない場合、接種会場の診察医の判断で接種できない事があります。