HOME  >  建設課  >  「辺戸上原ため池ハザードマップ」の公表について

「辺戸上原ため池ハザードマップ」の公表について

この度、国頭村字辺戸にある辺戸上原ため池(宜名真ダム)が決壊した場合を想定して、浸水予想区域や洪水到達時間等を記載した「辺戸上原ため池ハザードマップ」を作成致しました。

“ため池ハザードマップ”とは・・・・・・自然災害による被害を予測し、被害範囲を地図化したものであり、予測される災害の発生地点、被害範囲、避難経路、避難場所などの情報を地図上に図示したものです。ため池ハザードマップを利用することにより、災害発生時の迅速かつ的確な避難行動や二次災害発生の回避など、災害による被害の低減に有効です。

ため池決壊時には土砂災害や津波などの災害も重なる可能性がありますので、本村が公表している「国頭村防災マップ」もご確認下さい。

辺戸上原ため池ハザードマップ