HOME  >  福祉課

福祉課

事務分掌

(1)社会福祉に関すること。
(2)保健衛生に関すること。
(3)児童福祉に関すること。
(4)国民健康保険及び老人保健に関すること。
(5)介護保険に関すること。
(6)国民年金に関すること。
(7)環境衛生に関すること。
(8)廃棄物処理に関すること。

子育て支援からのお知らせ

子宮頸がんワクチン(定期予防接種)について

〇子宮頸がんワクチン(定期予防接種)について

現在、積極的な勧奨を差し控えています。ただし、定期接種を中止するものではないことから、接種を希望する場合は、有効性と安全性を十分に理解したうえで接種することは可能となっています。希望者には予診票を送付しますので、ご連絡ください。

□対象年齢:小学校6年生~高校1年生まで

□接種回数・間隔:全3回(同じワクチンを3回接種)

・2価(サーバリックス)

標準的な接種方法:1か月あけて2回、初回1回目から6か月以上あけて1回接種。筋肉内注射。

・4価(ガーダシル)

標準的な接種方法:2か月あけて2回、初回1回目の接種から6か月以上あけて1回接種。筋肉内注射。

※標準的な接種時期としては、13歳になる日の属する年度の初日から当該年度の末日までに接種します。

〇小学校6年生~高校1年生相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版)

子宮頸がんパンフレット<概要版>

〇小学校6年生~高校1年生相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版)

子宮頸がんパンフレット<詳細版>

お問合せ先:国頭村保健センター(0980-41-5767)

国頭村墓地購入申込第四次募集について

国頭村墓地の購入希望の方は、下記のとおり必要書類を添えて
役場福祉課まで申請して頂きますようご案内いたします。

尚、今回は四次募集となり、下の1区画のみの募集となります。

墓地区画番号13号
地   番 辺土名山地名原532番1  66㎡
購入価格  1,397,900円

募集期間  令和2年11月16日~11月20日

募集案内をご覧になり、詳細については役場福祉課(電話41-2765)までお問い合わせ下さい。

四次募集案内

資料1.2.3

様式1号

令和2年度児童虐待防止推進月間について

毎年11月は児童虐待防止推進月間です。

 

《令和2年度標語》

~189(いちはやく)知らせて守る こどもの未来~

 

厚生労働省では、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、平成16年度から「児童虐待の防止等に関する法律」が施行された11月を「児童虐待防止推進月間」としています。

 

あなたの1本で救われる子どもがいます。

虐待かもと思ったらすぐにお電話ください。

  • 通告・相談は匿名で行うことも可能です。
  • 通告・相談をした人やその内容に関する秘密は守られます。

 

【お問い合わせ先】

[児童相談所 虐待対応ダイヤル] ☎189(いちはやく)

[沖縄県コザ児童相談所] ☎098-937-0859

[国頭村役場福祉課]☎0980-41-5767(保健センター)/0980-41-2765(福祉課)

 

 

 

 

 

 

 

 

献血へのご協力について

村民の皆様へ

下記の日程で献血を実施致します。

ご協力よろしくお願い致します。

 

日にち:10月28日(水)

場所:役場職員駐車場(鮨はなぜんさん向かい)

時間:9:30~11:30

13:00~14:00

 

場所:北斗園

時間:15:00~14:00

【R2.10.28(水)実施】献血チラシ

★マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

《マイナンバーカードの取得はお済みですか?まだの方はお早めにお手続き下さい!》

令和33月(予定)から、マイナンバーカードが健康保険証として順次利用できるようになります。

マイナンバーカードを健康保険証として利用することで、

就職や転職、引っ越ししても健康保険証の切り替えを待たずにカードで医療機関や薬局を受診できます。

(※健康保険への加入脱退の届出は引き続き必要です。)

パンフレット リーフレット

◆利用には事前登録が必要です

 

◎マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには事前に登録が必要です。

令和2年8月よりマイナポータルで利用申し込みができるようになりました。

 

マイナンバーカードの健康保険証利用に関するQ&A

 

Q1.マイナンバー(12桁の数字)を利用するのですか?

A1.マイナンバーカードの健康保険証利用には、ICチップの中の「電子証明書」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使われません。医療機関や薬局の受付窓口でマイナンバーを取り扱うことはありませんし、ご自身の診療情報がマイナンバーと紐付けられることはありません。

 

Q2.健康保険証は使えなくなるのですか?

A2.従来通り健康保険証でも受診できます。

 

Q3.すべての医療機関・薬局でマイナンバーカードが使えるようになるのですか?

A3.マイナンバーカードを健康保険証として利用できるよう、医療機関・薬局のシステム整備を支援しており、「令和5年3月末には概ね全ての医療機関等での導入を目指す」としています。

また、マイナンバーカードを健康保険証として利用できる医療機関等の一覧を厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金のホームページに掲載する予定です。

 

Q4.医療機関の窓口への持参が不要となる書類はありますか?

A4.マイナンバーカードの保険証利用に対応した医療機関等を受診する場合には、健康保険証の持参が不要となるほか、以下の書類も   持参が不要となります。

◯限度額認定証/限度額適用・標準負担額減額認定証

◯特定疾病療養受領証

なお、限度額認定証/限度額適用・標準負担額減額認定証は、従来は事前に申請をする必要がありましたが、

原則として、申請なしで限度額が適用されます。

【小児】予防接種について

【小児】予防接種について

~新型コロナウイルス対策が気になる保護者の皆様へ~

お子さまの健やかな成長のために、予防接種は一番必要な時期に受けていただくようお知らせしています。特に赤ちゃんの予防接種を遅らせると免疫がつくのが遅れ、重い感染症になる危険性が高まります。お子さまの健康が気になるときだからこそ、予防接種は遅らせずに、予定どおり受けましょう。(問い合わせ先:国頭村保健センター 0980-41-5767)

小児の予防接種について(全般)

 

おたふくかぜワクチン一部助成

 

沖縄県子育て総合支援モデル事業「大学等進学促進事業」(無料塾)再追加募集の募集基準変更について

沖縄県が実施しております、沖縄県子育て総合支援モデル事業「大学等進学促進事業」(無料塾)について、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、以下の点で基準を緩和することになりましたのでお知らせ致します。

 

支援対象者

変更前

(2)住民税非課税世帯の子ども

※非課税の確認方法・・・課税証明書の市町村民税及び県民税の項目が(均等割含む)が0円

変更後

(均等割含む)を削除

 

 

 

 

詳しいお問い合わせにつきましては、

北部地区:琉大セミナー TEL:0980-53-3274

までお願い致します。

異なるワクチン間の接種間隔変更について

令和2年10月1日より、異なるワクチン間の接種間隔の制限が、一部撤廃されます。

詳細につきましては、添付資料をご確認下さい。

(問い合わせ先:国頭村保健センター 41-5767)

インフルエンザ予防接種のお知らせ

インフルエンザ予防接種の助成期間は、令和2年10月1日から令和3年2月28日までです。

国頭村ではインフルエンザ予防接種の助成を行っています。

【接種場所】

  • 国頭村立診療所
  • 国頭村立東部へき地診療所
  • 大宜味村立診療所
  • 沖縄県立北部病院(通院者のみ)10月19日より接種実地

詳細につきましては、添付資料をご確認下さい。

令和2年度国頭村国民健康保険税収納対策緊急プラン

国民健康保険税の収納率向上を図るため、次のとおり収納対策緊急プランを策定し実施します。

 

1.滞納状況の解消

(1)他制度保険加入者の発見に努め、早期に資格喪失届の提出を勧奨する。

(2)期限付き被保険者証(短期証)を交付している世帯に対し、毎月納付を徹底させる。

(3)各区長及び会計へ徴収嘱託員の委任状を交付し、各区と一丸となって滞納解消へ取り組む。

(4)時効完成前に納入勧奨を行うとともに、時効が完成したら迅速に不納欠損処理を行う。

(5)居所不明者の実態把握及び居住確認等を行い、資格の適性化を図る。

 

2.徴収への取り組み

(1)滞納者へ対しての電話催促及び個別訪問等で連絡を取り、徴収を行う。

(2)電話連絡の取れない世帯には、時間外訪問等を行い徴収に取り組む。

(3)出納整理期間に慌てないように、年度末の3月に収納強化月間を設定し、徴収に取り組む。

 

3.口座振替の促進

(1)口座振替の勧奨を実施し、より高い収納率に向けて取り組む。

 

4.確定申告の勧奨

(1)未申告世帯への申告勧奨を行い、適正な国保税の賦課を行う。

 

5.滞納世帯の取り扱い

(1)滞納世帯には短期保険証の交付を徹底して行う。

(2)療養費等現金給付の申請時に、未納がある場合は納税相談を行う。

 

6.滞納処分の実施

(1)1年以上の長期滞納者については財産調査を行い、悪質な滞納者については預貯金等の差し押さえを行う。