HOME  >  国民年金, 福祉課  >  国民年金

国民年金

国民年金に関する各種手続きは福祉課にて行えます。

 

年金制度について詳しくはこちら↓
日本年金機構

 

もよりの年金事務所で年金相談・お手続きの際は、予約相談をご利用ください。

外部サイト:

日本年金機構「年金相談をされるときのお願い」 ・ 「年金相談を委任するとき」

名護年金事務所

 

国民年金は、日本に住んでいる20歳から60歳までのすべての方が加入する制度です。

加入者は、就業形態などによって、3種類に分かれています。

20歳になったとき、就職や退職、結婚・離婚などで加入者の種類が変わったときには、必ず手続きが必要です。

手続きを忘れると、老齢基礎年金の受給額が減ったり、障害基礎年金や遺族基礎年金が受給できない場合があります。

また、氏名が変わったときにも変更の手続きが必要な場合があります。

 

国民年金の加入者の種類

  • 第1号被保険者

自営業、学生、フリーター、無職の方など

  • 第2号被保険者

会社員や公務員の方など、厚生年金、共済組合などの加入者

  • 第3号被保険者

第2号被保険者の扶養に入っている配偶者

 

こんなときは手続きを

20歳になったとき

就職したとき

退職したとき

引越しをしたとき

氏名が変わったとき

配偶者の扶養に入ったとき・はずれたとき

任意加入を希望するとき

年金手帳を紛失したとき